ジャガイモのレジスタントスターチでダイエット

スポンサーリンク

昔々私がまだ若かった頃、ジャガイモは私のおやつでした。甘い物を摂る代わりに、電子レンジで蒸かしたジャガイモに、マーガリンと塩をまぶした蒸かしイモは、ダイエットに効果があるかどうかなんて分からなかったけれど、自分の欲求をほぼ満たしてくれる強い味方でした。

ジャガイモ

ジャガイモの主な栄養

ジャガイモの栄養は、熱を加えても壊れにくいビタミンC、糖質をエネルギーに変えるビタミンB1、代謝を高めるビタミンB2、たんぱく質の代謝を良くするビタミンB6、豊富なカリウムなどで成り立っています。特にビタミンB1はご飯の3倍も含まれます。

ジャガイモダイエットって?

食前に蒸かしたジャガイモを1~2個食べ、一緒にを飲み、ご飯などの炭水化物を減らして食事をとるジャガイモダイエットをご存じでしょうか?ジャガイモは腹持ちがよく、ご飯の約1/2のカロリーなので、同じ炭水化物でもダイエットに効果的なのです。

ジャガイモのでんぷんは、水で膨らむことによって胃の中に長くとどまります。食前に食べると空腹感が少なく、食べ過ぎを防ぐので、その栄養だけではなく、ダイエットに向いているのですね。

レジスタントスターチって?

また、ジャガイモの成分にはご存じのとおり、でんぷんが含まれています。ジャガイモのでんぷんは食物繊維の一種としてレジスタントスターチと呼ばれています。

このレジスタントスターチ、糖として吸収されにくく、腸内の細菌のバランスを整える整腸作用のほか、腸内で発酵され、大腸の悪玉菌の働きを抑える有機酸に変化し、大腸がん、中性脂肪やコレステロールの抑制など、生活習慣病の予防としても効果があります。

また、摂取すると消化酵素によって分解され、血糖値が上昇する通常のでんぷんとは異なります。レジスタントスターチは消化酵素で分解されず、血糖値の上昇が抑えられる性質の難消化性でんぷんに分類されているので、脂肪がつきにくく、ダイエット効果がある訳です。

面白いのは、温度を下げると、含有量が増えることです。ポテトサラダにすると、レジスタントスターチが倍以上になるとのことです。ダイエットにも、蒸かしたてのものではなく、冷めたものを摂ると、なお良いですね。

ジャガイモの量と味付けについて

ジャガイモを食べる際に気を付けなくてはいけないことは、量と味付けです。ジャガイモの食べ過ぎや、食事の中に芋類を入れないこと、ご飯を控えることです。炭水化物は食前のジャガイモくらいにしておきましょう。そして、バターを使ったり、塩分の摂りすぎもよくありませんね。味をつける際には控えめに。

最後に

炭水化物を抑えてジャガイモで補うダイエット。レジスタントスターチの働きに期待して、無理せず取り組めそうですね!








スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加