卵を苦手な理由

スポンサーリンク

卵が苦手な娘

初めて卵を食べさせたときには、じんましんが出て、病院に連れて行ったらまだ与えるのは早いですよ、と先生に注意された。その後、卵のサンドイッチなどは食べていたけれど、成長していくうちに、だし巻き卵以外はほとんど食べなくなった。

卵のイメージは

黄身が嫌い、と言う。気持ちはなんとなく分かる。あの、卵からひよこが出てきたり、黄色かったりするのをかわいそうとか、気持ち悪いとか思ってしまうのだろうと考えていた。でも何故かお正月のおせちに出てくるだて巻きだとか、だし巻き卵等は好きそうにしている。炒め物やゆで卵や卵のサラダ、勿論生卵や目玉焼きなんかには全く手を付けない。まずいから、と言う。

%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e5%8d%b5
そういえば、冷やし中華などにのっている錦糸卵は食べないが、鶏そぼろ弁当に入っているものは食べる。大して、私が考えているほど、卵のイメージで食べない訳ではなさそうだ。だから、数少ない私の作る卵料理は、いつも味をつけて食べやすいようにしている。

だし巻き卵も、だしと砂糖と醤油で、甘じょっぱくする。オムライスの卵には、粉チーズを必ず入れる。正直なところ、私も卵の生臭さに抵抗がある方だし、私の方が、鳥がかえるイメージを持っているようにも思う。だから、あながち子供用にとそうしていたのが、当たり前のようになっている。何でも、おいしく食べようとは思うものだ。

魚の卵

ところで、旦那はカレイの卵が苦手だが、私はカレイの卵が好きで、旦那がよけているそばから食べてしまう。カレイの煮つけは、義母が作るので、何も文句は言えないが、ややレアなこともあり、そういうときには、私もやっぱりよけてしまう。

そんな旦那も、ニシンの卵、数の子は好物である。正月だけでなく、売っているときには、何となく買っておいている。

好きな卵料理

私の好きな卵料理は、オープンオムレツや、トマトと炒め合わせたものだ。オープンオムレツと特に言うほどのものでもないが、ジャガイモやチーズなど具の入った卵焼きが好きなのだ。

トマトと卵の炒め物は、海外で、朝食のバイキングで初めて食べた。時々はニラ玉にトマトを入れたりもしてしまうくらい、何しろトマトと卵の食べ合わせがおいしく感じられるが、これもまた、私の独りよがりだ。あえて滅多に一人分を作ろうとはしないので、海外旅行から帰ってきたときにブームになっていたまでだった。

勿論、全部自分で食べることができずに、余って捨てたりしたような気がする。ああ、勿体ない。好きな卵の味だけが、受け入れられる我が家だった。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加