山菜で春の味覚を楽しんでみよう

スポンサーリンク

毎年、この季節になるとたくさんの山菜が届きます。我が家ではこの山菜を天ぷらにして食べることが恒例です。今年は種類がいつもよりも少なかったのですが、この山からの贈り物にはいつも心が浮き立ちます。

コゴミについて

私の好きな山菜は、「コゴミ」です。くるりと葉先が丸く巻かれていて、その部分のごちょごちょとした食感が大好きなのです。天ぷらの他には、茹でて辛子マヨネーズで食べるのもおいしい。今年も届いております。採れる時期は、4月から6月くらいまでで、河川敷など湿った場所に群生しており、一つ見つけると側にも見つかります。

コゴミの栄養にはミネラルが多く含まれ、特にカルシウムや亜鉛などがキャベツよりも含まれています。人間の体内で合成されないビタミンFで、体の免疫機能を調節し、体全身の様々な不調にも効果があります。

WP_20170502_19_00_25_Pro

コシアブラについて

義母は、「コシアブラ」を好みます。独特の香りや味がありますが、山菜の女王と呼ばれ、人気のある山菜です。その風味を生かしてご飯に混ぜたり、パスタに入れてもおいしそう。4月の上旬から、残雪がある地域では7月までが採れる時期になります。

インスリンの上昇や糖の吸収を抑える成分であるエラドサイドは、その苦みにあり、ダイエットに有効です。天ぷらをお酒のお供にすれば、過多のアルコールの吸収を抑えます

WP_20170502_18_55_36_Pro

タラの芽について

そして「タラの芽」。山菜の王様と呼ばれ、天ぷらにするのがポピュラーです。癖はあまりありませんが、おひたしの他、肉と炒め合わせるのもおいしそう。濃い味付けでも風味が邪魔になることはありません。

ビタミン、ミネラルが豊富なタラの芽。特に、むくみや糖尿病、高血圧に有効なカリウムが多く含まれます。ダイエット効果もあるそうです。

WP_20170502_18_57_34_Pro

山菜の冷凍保存の方法

山菜を一度に食べきれない場合は、冷凍保存をすることが出来ます。塩を入れて沸騰させた湯で1分ほど固めに茹で、水にさらします。水気を拭き、スーパーなどで買った食品が入っていた空皿などに並べて一度冷凍した後、食べやすく小分けにしてラップをし、フリーザーバッグなどに入れて再び冷凍庫へ。

山菜レシピ

さて、我が家ではこれらを天ぷらにして食べますが、時には違った食べ方もいいですね。コシアブラを刻んで、和風パスタに!
  • コシアブラ10本を塩ゆでし、水にさらしてから3㎝くらいに刻みます。ベーコン120gは細切りに。
  • スパゲティ100gを茹でておく。
  • フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、ベーコンを加えて炒める。
  • コシアブラと唐辛子1本を輪切りにしたものを加え、炒める。薄口醤油で味を整えて出来上がり。(2人分)

最後に

待っていた春を味わう山菜は、毎年の楽しみです。皆さんも、山菜を楽しんでみませんか?






スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加