タケノコのアク抜きの仕方

スポンサーリンク

最近、最寄駅の側にあるデパートの中に八百屋ができました。今まで靴やバッグなどが置いてあったところに八百屋と聞いただけでも驚きますが、その価格にも驚きました。中でも皮つきのタケノコ1本198円。これはお買得です!

タケノコのアク抜きの仕方

私はタケノコが大好きです。毎年旬の時期になると、義母が鰹節と出し汁、醤油を入れて煮詰める土佐煮を作ってくれるのを楽しみにしています。小さな水煮を使って春巻きなどを作ることもありますが、自分でも、タケノコをメインに料理をしてみよう、そう思い立って即買いしました。

タケノコを使うときには、アク抜きをしなくてはいけません。この過程を私は今までやってみたことがありませんでしたが、意外と簡単です。

まず、タケノコを皮の付いたまま半分に切ります。

WP_20170427_17_15_39_Pro
可食部が、よくわかりますね。こうやって切ると周りの皮は外れやすくなります。

次に、皮を剥いたタケノコがひたひたになる量の水にぬかを加え、加熱し、ちょっと力を入れてフォークが刺さる程度に少し固めに茹でます。火を止めたら鍋に蓋をし、蒸らします。

ぬかは、買ったときに一緒に入っていましたが、この1本に対して100gくらい。鷹の爪を一緒に入れる方法もあるようですが、今回はいたってシンプルに。

WP_20170429_10_43_50_Pro
冷めたら、保存容器に水を張って冷蔵庫で保存します。水を替えながら1週間以内には食べてしまいましょう。タケノコのアクは時間が経つにつれてどんどん強くなりますから、なるべく早くアク抜きをすることをお勧めします。

タケノコの旬と選び方

タケノコは、春から初夏が旬です。丁度今頃ですね。多く出回っているこの食べ頃には、価格も安くなっているのでしょう。

タケノコを選ぶときにも、表面が湿ったものが鮮度がよいので、しっとりとしたものを選ぶと良いでしょう。また、根本のぶつぶつが黒く多くなっているものは時間が経ったものです。なるべく斑点の少ないものを選びましょう。

ちなみに、斑点があるところは調理の際に包丁で取り除いて下さい。

タケノコを使って

わさび醤油でアク抜きをしたタケノコを薄くスライスして刺身感覚で食べることなどもおいしいですが、私はこのタケノコと、ピーマン、鶏肉で味噌炒めを作ってみました。
  • アク抜きをして半分に切ったタケノコを更に半分に切り、端から薄いいちょう切りにします。
  • 鶏肉(ムネでもモモでも可)300gを食べやすく一口くらいに切り、ピーマン4~5個も食べやすく切る。
  • フライパンに油をひき、鶏肉を炒める。
  • 鶏肉に焼き色がついたら、タケノコを入れ、一緒に炒める。
  • 鶏肉に火が通ったら、ピーマンを入れ、味噌大さじ2、みりん大さじ2、砂糖小さじ2、醤油少々で味を整えながら炒め合わせて出来上がり。
WP_20170429_19_14_42_Pro
味噌とタケノコの風味がよく合う、春のおかずになりました。

最後に

いかがでしょうか?今が食べ頃、タケノコの食仕方。ぜひ皆さんも旬の味を楽しんでみて下さい。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加