ココナッツの効用でダイエット

スポンサーリンク

ココナッツというと、ハワイへ行ったときのことを思い出します。海辺のサンセットに浮かび上がるように影を作っていたヤシの木が揺れている歩道。スーパーフードとしてもてはやされているココナッツは、そのヤシの実のことです。

ココナッツジュース

ココナッツって、どんな果物?

私はココナッツの実から摂れるココナッツジュースに以前から憧れていました。市販されているココナツウォーターを見つけた時には、迷わず試してみましたが、あのココナツミルクのような気だるさはなく、意外に爽やかな飲み口で、その後もリピートしているくらいです。

実際、ココナッツから直接飲むものとはまた違ったものだとは思いますが、あの青臭さがたまらなく好きなので、ココナッツが売っていたらきっと買ってきてしまうでしょう。

ココナッツは、中心部に大きな種があり、その中身は胚乳と呼ばれます。胚乳は固形胚乳液状胚乳とに分かれ、ココナツジュースとして飲用されるのは、未熟果の液状胚乳です。カリウムなどのミネラルが多く含まれ、更に電解質の作用からむくみやデトックスなどに効果があり、スポーツのときの水分補給にも適した成分です。

固形胚乳は、生で食するほか、成熟果を削り取って乾燥させたコプラに甘味を加えて菓子に利用したり、ココナツオイルの原料として利用したりします。ココナツミルクも、このコプラや胚乳を水に浸し、揉みだしたもので、カレーやデザートなど多様な料理に使われています。

ココナッツオイルでダイエット

最近のブームとなったココナッツオイルは、健康にも、美容にも利用されています。これが、ココナッツがスーパーフードと呼ばれる所以なのではないでしょうか。

まず、ダイエットとして。一日大さじ2~4杯を目安にココナッツオイルを摂取します。ココナツオイルには種類がありますが、脂肪酸もコレステロールもゼロ、栄養が損なわれていない未精製のエクストラヴァージンココナッツオイルが適しています。

ココナッツオイルは、25℃で固形になり、加熱すると透明な液状に変わります。固形でもそれほど固くはないのですが、加熱しても栄養的に壊れることはありませんから、熱を加えた摂取方法でも大丈夫

普段の食生活で使っていた油をココナッツオイルに変換するのがお手軽ですね。他は、サラダのドレッシングに使ったり、コーヒーなどの飲み物に入れたりすることをお勧めします。

何故、ココナッツオイルがダイエットに有効なのか。それは、ココナッツオイルの半分以上を占める中鎖脂肪酸が、他の油に比べエネルギーを速く燃焼させるので、体に脂肪がつきにくいのです。

また、油をココナッツオイルに変えるだけではなく、糖質を制限したり、米やパンなど炭水化物をなるべく摂らないようにすることで、ダイエット効果が期待できます。これは、体に必要なエネルギーであるブドウ糖の代わりに、体脂肪を分解して作られるケトン酸という成分が生み出される性質を利用しているのです。

ココナッツオイルには、ケトン酸を形成する性質がありますので、糖質を制限することと並行してココナッツオイルを摂取するとダイエットの効果を発揮するのです。

ちなみに、コーヒー1杯に大さじ2ものココナッツオイル(勿論、エクストラヴァージンココナッツオイルです。)を入れて飲んでみたところ、数時間後、お腹がゆるくなってしまいました。一度に摂るよりも、分けたほうがよさそうです。

ココナッツのその他利用法

そして、美容にもココナッツオイルは活用することができます。ココナッツオイルは、リップクリームからボディクリームまで、全身に使えます。皮膚を柔らかくするほか、紫外線予防にも。大さじ一杯を口に含んでうがいをすると、歯のホワイトニングや歯周病予防にも効果的です。

また、殻は工芸品としても利用されています。ハワイ土産のココナツでできたオーナメントは、これ。ハワイの伝統的なアロハシャツなどが置いてある店で、たしか$2.00くらいでした。

WP_20170313_19_56_51_Pro

最後に

いかがでしょうか。ミラクルフード、ココナッツ。色々な用途で健康美を保つことができるのです。早速今日から、試してみたいですね。








スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加