フキノトウで春を感じる

スポンサーリンク

今日は、義母がたくさんのフキノトウを貰ってきました。万歳!春の訪れを知らせる、フキノトウ。段々と暖かくなって植物が芽吹く季節が到来するんですね。

フキノトウ天ぷら

フキノトウとフキ

フキノトウは、春に一番早く出てくる山菜です。茎の部分は「フキ」といい、花の蕾の部分を「フキノトウ」といわれています。つまり、フキの蕾をフキノトウと呼ぶのです。

フキの茎は地下に潜っており、花が咲いた後、地上に出た葉と、その柄の部分が食用になります。フキノトウを食べる場合は花が咲いていない蕾のまま食します。

フキは、縄文時代から食され、日本最古の野菜と言われている日本原産の山野草です。雄花と雌花に分かれており、雌花は開花後、タンポポの綿毛のような種を飛ばし、今でも日本全国に自生しているのが見られます。

フキノトウの栄養とその効用

フキノトウの栄養は、ビタミン類や体内の塩分を排出するカリウム、カルシウムなどのミネラルに加え、食物繊維も豊富です。また、そのほろ苦い味のする成分であるポリフェノール類は、肝機能を強くし、新陳代謝を活発にする、動脈硬化、アレルギー症状の原因を抑えるなどの効果が。

フキノリドは胃腸の働きを良くし、フキノール酸は血液中のかゆみの原因成分を減らすため、花粉症・咳止めなどの効果があります。ふきのとうは、古くからデトックスや浄血、健胃などの薬効としても知られています。

フキノトウを探しに

雪解けと共に顔を出す、フキノトウ。本州からは1月から3月まで、雪解けの遅い地域では4月から5月まで見つけることが出来ます。あなたも、フキノトウを探しに出掛けてみませんか?

場所は山里や河原などの水気の多いところや田んぼの畦道などに育成しています。大きな河川の土手などにも生えています。蕾や開きかけのものがおいしく食べられますので、開ききって苦みが強くなっているものは避けましょう。地下に潜っている茎は、有毒なので、根は残すようにして採るように。

フキノトウを使って

フキノトウはアクが強いため、おひたしや和え物を作る際にはアク抜きが必要です。塩ゆでを3~4分して、すぐに冷水に放して冷ますと、アクが抜けます。フキノトウの天ぷらは、アク抜きは必要なく、素材の苦みを生かした味わいが楽しめます。
  • フキノトウの周りの外葉1~2枚と、茶色の部分などを取り除きます。蕾の部分が見えるように、周りの葉をバナナの皮をむくように開きます
  • 片栗粉を全体に薄くはたく。
  • 天ぷら粉は水と粉が2:1の割合で薄衣を作り、フキノトウをくぐらせる。
  • 油は140~160℃低温で、フキノトウを投入して2分ほどしたらひっくり返す。
  • 蕾の部分まで火が通り、きつね色になったらできあがり。

最後に

明日は、フキノトウの天ぷらを作ります。今からとても待ち遠しいです。春の息吹を感じるフキノトウ。あなたも、お試しあれ!


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加