水を飲むダイエットの効果

スポンサーリンク

水を飲むダイエット、ご存知ですか?今では水といっても様々な種類の水がありますが、以前はコンビニエンスストアに売っていることもなく、水が販売されるようになって、「わざわざ水を買うなんて…。」と思ってしまっていました。

コップ一杯

水を飲む習慣

日本では水を買って飲むことが習慣ではありませんでしたが、海外では水道水と体に取り入れる水は異なり、飲む水や調理に使う水などは買うことが当たり前なんですよね。私がヨーロッパへ旅行をした際、スーパーマーケットに並ぶ大量のペットボトルの水とその安さには驚きました。

中でも、当時日本では高価でなかなか手が出なかった痩せる水という謳い文句で売り出していたコントレックスも、スーパーでは随分安く手に入りました。スーツケースの隙間に入れ、パンパンにして帰りましたが、効果のほどが分かるまでの量を日本に持ち帰るにしては不便な代物でした。

水ダイエットについて

さて、その痩せる水を飲むことが水ダイエットなのかというと、そうでもありません。たくさんの水を摂取するダイエットなので、自分の気に入った水を飲めばよいのです。ただし、水道水なら有害物質をきちんと除去したものが良いです。また、アルカリイオン水や活性酸素水などの摂りすぎはNGです。

気になる量ですが、これは体重の4%と言われています。この量を一気に飲むのではなく、1日に何回かに分けて飲みます。基本的には、食事の前のタイミングでコップ2杯が効果的です。食事中にはあまり飲むと消化の効果が悪くなるので気を付けましょう。

また、冷たい水を飲むと、内臓を冷やして代謝を悪くしてしまうので、常温からぬるま湯程の温度を、こまめに摂れば良いでしょう。白湯にして摂ることもOKです。代謝を高め、血液の流れがよくなり、内臓が暖められるので、脂肪燃焼の促進にもつながります。

水ダイエットの注意点

注意する点は、アルコールやカフェインの入った飲み物を摂ったときです。これらを摂取すると、その成分の排出のために体の水分が失われてしまいます。ですので、水分補給が必要になります。糖分の入った飲み物を摂ったときも薄めるために水を飲む習慣を身に付けましょう。

水ダイエットの効果

水を飲むことがダイエットに有効な理由は、代謝が上がること。適切な水分の量と質が血液の巡りを良くし、細胞に届く速さが改善されるからです。それに伴って体温が上がり、脂肪を燃焼しやすくなります。

血液の半分は水分なので、新しい水分を取り入れることは、血液がサラサラになり、酸素を十分に細胞に運ぶことになります。そして、老廃物を尿から排出させることも大切です。水を飲むことによって、デトックスすることができます。また、リンパの流れを改善することでも老廃物の排出を促します。

最後に、腸内の状態を整えること。健康的な腸を保つためには水分が一番必要です。便秘の解消にも、水を飲むことは重要です。

最後に

いかがでしょうか?水ダイエットについて調べてみました。すぐに、簡単に継続できそうですね。水を飲むことは、健康にとても重要なので、毎日の習慣にして、ヘルシーな体を作りたいですね。






スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加