お酢に含まれるクエン酸とアミノ酸でダイエット

スポンサーリンク

お酢がダイエット効果があるのをご存知ですか?お酢は、穀物や果物で造ったお酒に酢酸菌を加えて発酵させた調味料です。お酒からできているとは意外ですが、発酵させる段階で、アルコールは酢酸に変化します。最終的に残ったアルコール分は約0.2%と低く、子供にも安心して酢を使った料理を食べさせることが出来るのです。

黒酢ダイエット

お酢の成分と働き

この酢酸は、体内でクエン酸に変わります。また、お酢にはたんぱく質に含まれるアミノ酸など多くの有機酸が含まれ、健康維持にとても大切な働きをしています。

このクエン酸とアミノ酸の働きは、運動をしたときの疲労回復作用に繋がると言われています。お酢を摂取することで、運動によるダメージを早く回復でき、運動量を増やすことが出来るので、自然とエネルギーの消費も増えるのですね。

お酢でダイエットをしてみよう

また、脂肪の燃焼を抑えるカルシウムの吸収を高める働きもありますので、カルシウムと一緒に摂取したり、お酢を摂取して運動をすれば、ダイエットの効果に繋がります。最近では毎日お酢を飲むことで、内臓脂肪の減少が見られたという効果も発表されています。

お酢ダイエットは、合計約30mlのお酢を毎食後または夕食後のみに摂取するだけです。お酢には食欲増進作用がある上、胃や食道に刺激を与えてしまうので、空腹時は避けた方がよいでしょう。

また、夜寝る前の摂取も効果的です。これは、ホット酢ドリンクダイエットとして、巷で話題になっているようです。ホット酢ドリンクダイエットは、ホットドリンクに大さじ1杯の酢を混ぜる方法です。

これは、体を温める効果もあり、急な血糖値の上昇や血中コレステロールの合成を抑え基礎代謝を高くすることで、痩せやすい体質を作ることが出来るものです。お風呂上りの体が温まっているときにも効果的でしょう。

ちなみにこの手軽なダイエット、私もここ1か月ほど続けています。蜂蜜大さじ1に黒酢大さじ2強をお湯で割ったものを寝る前に飲むのですが、飲んでいる時から体がぽっぽとし、気温が高い日は汗ばんでくるくらいです。

初めは独特の匂いに少し抵抗があるかもしれませんが、慣れればレモネードを飲んでいるような感じです。しかも、この継続の効果が現れたようで、近頃少し、出ていた胃がへこんできました!

お酢の種類

ところでお酢は、大きく「醸造酢」「合成酢」とに分けられるのですが、ダイエットには「醸造酢」が適しています。「醸造酢」は米酢、黒酢やリンゴ酢といったお酢になります。

醸造酢は、更に分類され、「穀物酢」「果実酢」に分けられています。「穀物酢」は米からできた米酢、体の代謝に不可欠なアミノ酸が豊富な黒酢「果実酢」はカリウムが豊富なリンゴ酢、ポリフェノールの含まれたワインビネガー、リンゴの他の果実からできているものは果実酢と分類されています。

純玄米黒酢(720mL)【オリヒロ】[黒酢 玄米]
価格:416円(税込、送料別) (2017/6/14時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビネップル ざくろ黒酢飲料(720mL)【ビネップル】[ざくろ 黒酢]
価格:378円(税込、送料別) (2017/6/14時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤマモリ ブルーベリー黒酢ドリンク(500mL)[黒酢]
価格:648円(税込、送料別) (2017/6/14時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


最後に

酢の強烈な酸味が苦手な人は、牛乳や野菜ジュース、ヨーグルトに混ぜて飲みやすくしてもよいでしょう。好みに合ったものを選んで毎日、続けることをお勧めしますが、ダイエットにはアミノ酸が特に多く含まれている黒酢が効果的だそうです。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加