色々野菜のピクルスはお好き?

スポンサーリンク

結婚してから2年の間暮らしていたアパートのお隣さんや義母に、私は何度となくお裾分けをしていた。

そのうちの一つがピクルスだった。好き嫌いが分かれそうだが、ハンバーガーの中に入っているのを初めて食べたときから、私はピクルスが大好きである。結婚してから読み漁っていた料理のレシピの中に作り方が載っているのを見つけたときには、嬉しくてわくわくしてしまったほどだ。

レシピには、タルタルソースやサラダの中に細かく刻んで入れてあったり、付け合わせにしたりと、ピクルスの活用法も載せてあった。きゅうりのピクルスが一般的だが、そこには、色とりどりの野菜のピクルスが蓋付きの瓶に漬け込んであり、見た目もとてもおいしそうだ。

色々な野菜で

冷蔵庫には、キュウリの他に人参やブロッコリーなどが残っていた。まずは余った野菜を使ってみよう、ということで、それらを食べやすいように、見た目もきれいな風に見えるように包丁で切る。小さな鍋に湯を沸かして、切った野菜を投入し、少し透き通ってきたら、鍋から引き上げる。キュウリ10本分くらいの量には、酢2カップと砂糖80g、白ワイン1カップ、塩小さじ2に水3/4カップ、月桂樹2枚、ニンニクの薄切り一片、鷹の爪2本などを入れたピクルス液を作ってゆでた野菜を漬けること、1日。数週間はもつだろう。

白ワインに酢と鷹の爪で、少しピリッと辛みの効いた変わった味のピクルスだ。ブロッコリーやパプリカ、紫タマネギなどの野菜で作っても。肉料理や揚げ物等の付け合わせに添えるとさっぱりとして丁度いいと思う。料理を一味変えたいときにも活用できそうだ。

%e3%82%ad%e3%83%a5%e3%82%a6%e3%83%aa%e3%83%94%e3%82%af%e3%83%ab%e3%82%b9

いつもの料理に

塩コショウをした鶏肉に小麦粉をまぶして焼き、トマトソースで煮るだけの、チキンのトマトソース煮。付け合わせにする、ゆで卵とコーンのサラダはタマネギの代わりに刻んだピクルスを入れてみると新鮮。

また、細かいピクルスが中に入ったマヨネーズはコンソメで味付けて、少し牛乳でのばしたソースを作り、から揚げやチキンカツにかけるのもよし。キャベツやニンジン、ジャガイモ、タマネギなどをウインナーと一緒に洋風だしのスープで煮るポトフにも、入れてみよう。

私はそのままぽりぽり食べてしまうけれど、そういえば、娘はハンバーガーに入っているピクルスを、取り出して私にくれるんだった。こっそり入れても気が付きそうだ。我が家は私の好きなものを好まない。結局これも一人で食べるのが落ちなのかもしれない。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加