ビタミンB群と美肌の関係

スポンサーリンク

ビタミンやミネラルは、三大栄養素の炭水化物・たんぱく質・脂質の働きを有効にする成分です。ビタミンは13種類もに分類され、また水溶性と脂溶性に分かれています。ビタミンB群とビタミンCは水と熱に弱い水溶性で、過剰摂取しても不必要な分は体内から排出されます。つまり、蓄積できない栄養素なんですね。

ビューティイメージ

肌トラブルの原因

蓄積されない水溶性ビタミンは不足しがちになることも。毎日の摂取が必要ですね。特にビタミンB群は、脂質の代謝を促す他、皮膚や粘膜、髪の健康を維持する働きがありますので、不足すると、多くの肌トラブルの原因につながります。

ビタミンB群について

ビタミンB群は8つに分かれており、それぞれの働きがあります。単独では効果を発揮しないため、一種類だけを大量摂取しても、他のB群が欠乏することも。バランスよく摂取することが大切です。

ビタミンB1

ビタミンB1は、豚肉、たらこ、ナッツ類に含まれます。炭水化物や糖質をエネルギーに変える働きをしますが、不足すると、エネルギーに変えられないまま疲労物質が溜まり、疲れやすく。エネルギー不足は脳や神経の働きが悪くなり、精神的にも支障をきたします。

ビタミンB2

ビタミンB2は、レバー、うなぎ、牛乳などに含まれます。細胞の再生を助け、主に脂質の代謝に使われるために、脂質を多く摂りすぎると不足してしまいます。不足すると、皮膚や粘膜が過敏になり、肌あれの原因に。

ビタミンB6

ビタミンB6は、カツオやマグロ、さんま、バナナなどに含まれます。たんぱく質の代に使われるため、たんぱく質の量に比例する量が必要になります。皮膚や髪、歯の健康を維持し、女性特有のホルモンバランスの崩れから来るイライラなどの症状も緩和します。

ビタミンB12

ビタミンB12は、レバー、カキ、あさり、ニシンなどに含まれます。葉酸と一緒に摂ると悪性貧血を防ぐことができます。不足すると貧血の症状に、動悸・息切れ、倦怠感が。神経が過敏にも。

葉酸

葉酸は、枝豆、ほうれん草、菜の花など主に野菜に多く含まれます。動物性の食品に多く含まれるビタミンB12と一緒に摂ると赤血球が新しく作られる際に活躍します。不足すると貧血や、免疫力の低下で病気になりやすく。

ナイアシン

ナイアシンは、かつお、ぶり、サバのような魚類や落花生などに含まれます。皮膚や粘膜の炎症を防ぎます。また、血行を促進するので、冷え性や頭痛を改善する作用が。また、アルコールの摂取量に比例して必要になるので、よくお酒を飲む人には欠かせません。

パントテン酸

パントテン酸は、納豆や牛乳、卵、鶏もも肉などに含まれます。皮膚や毛根に栄養を与え、ストレスへの抵抗力を付けるために必要です。カフェインやアルコールを摂る人は消耗しやすいので毎日補給を。

ビオチン

ビオチンは、レバー類、卵、落花生、イワシなどに含まれます。皮膚の健康維持、抜け毛や白髪などの予防になります。脂質や糖質、たんぱく質の代謝につかわれるので、不足すると肥満の原因にも。

最後に

ビタミンB群の不足は、肌だけではなく、脳や神経にも支障をきたす恐れがあります。心の栄養も、美肌につながりますので、毎日のビタミン補給は欠かせませんね。こまめな摂取を心がけましょう。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加