こんにゃくダイエットでセラミドを補う?

スポンサーリンク

今、注目のセラミド。その効用、そしてセラミドを多く含む食品、こんにゃくについて。美容に、ダイエットに、健康を考えるあなたに朗報です。

%e9%8f%a1%e3%81%a7%e8%82%8c%e3%82%92%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af

セラミドとは

化粧品に配合されていて潤い効果が謳われているセラミド。一度は耳にしたことがあると思います。もともと、体内にある成分ですが、加齢や環境の変化で減ってしまいます。乾燥肌などはこのセラミドが少なくなっている状態です。

健康な肌には、セラミドがたくさん含まれています。セラミドは、肌のバリア機能をサポートし、水分を保つ役割をしているので、減少すると、肌の水分を維持することができなくなり、乾燥したカサカサの肌になってしまうのです。

セラミドには、肌の保湿機能がある他、メラニンの生成を抑えてシミやシワを防いでくれます。セラミドがうまく機能していることによって、保水力が高まり、美肌が保たれるのですね。

セラミドをこんにゃくから摂取する

ところでこのセラミド、化粧品だけでなく、米や小麦、大豆などの食品にも含まれています。そして、これらの7~16倍のセラミドが含まれるのが、こんにゃく芋です。こんにゃく芋はこんにゃくの原料ですから、摂取するなら、勿論こんにゃく。でも、普通のこんにゃくではなく、生芋こんにゃくと呼ばれるものに効果があります。

生芋こんにゃくには、セラミドの生産が高まるグルコシルセラミドという潤い成分が含まれますが、この成分は、生芋こんにゃくを細かくすることで、摂取しやすくなるのだそう。と一緒に摂取すると更に吸収されやすいとのことなので、炒め物やスムージーなど、手軽なこんにゃく料理にすると良さそうですね。

豆乳を加えたこんにゃくスムージーは、加糖のココアを使ってみましょう。
  1. 生芋こんにゃく100gと、豆乳100cc~150ccをトロトロになるまでミキサーで撹拌する。
  2. すりごまとココア大さじ2ずついれ、更に撹拌する。
こんにゃくと豆乳を撹拌するとぷるぷるになります。見るからに効果がありそう!ココアの苦みが加わって、くせのない味になりますよ。

また、豆乳に加え、お好みでヨーグルトや、バナナやいちごなどのフルーツを一緒に入れたりするのもおすすめです。

ダイエットにもなるこんにゃく

さて、こんにゃくは、セラミドの効果と、コレステロール血糖値を抑え、体内のお掃除をしてくれるグルコマンナンの他、不足すると脂肪が蓄積されやすくなるカルシウムが含まれ、100gで7キロカロリーとローカロリーで美容に良いダイエット食品とされています。

水分と摂ると、満腹感が得られるグルコマンナンの性質で、食べる量を無理なく減らし、カロリーダウンのお手伝いをしてくれるので、食前30分前の200mlの水分と200gのこんにゃくの摂取で簡単なダイエットができるのです。

先に紹介しましたスムージーなどでも良いですし、スープの具にこんにゃくを加えるなどして、食事の前に普段のごはんの食べすぎを防ぎましょう。

ほかに、主食のごはんの代わりにこんにゃく料理をメインにする置き換えダイエット、こんにゃくをおやつ代わりにするなどの工夫ができます。

こんにゃくは、食べすぎると腸閉塞脂肪だけでなく他の栄養素の吸収も阻害してしまう可能性があります。一日250gの摂取量を守って、安全に食べましょう。

最後に

冬の乾燥に役立つセラミドが含まれ、ダイエットにもぴったりなこんにゃくで、一石二鳥のヘルシーライフ。あなたも始めませんか?




スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加