花粉症にはミカン丸ごとにヨーグルト!?

スポンサーリンク

風邪かな?と思うとくしゃみや鼻水が止まらない、花粉症の時期。春先にピークを迎える他、私の住む関東地区は特に、季節を問わず長い間多くの種類や量の花粉が飛散するそうです。かくいう私も数年前から急に花粉症に。特にスギ花粉に反応するらしいです。

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3
花粉症の時期の耳鼻科はとても混んでいますよね。時間がかかるから、なんて言っても市販の薬が高くついたり、目薬なども、花粉が落ち着くまでに一つではおさまらない…。何か良い対策があったら試してみたいと思いせんか?

花粉症になる理由

花粉症の人は、花粉に反応するたんぱく質、IgEを持っていて、目や鼻から花粉が入ってしまうと、白血球とくっついたIgEが反応を起こしてくしゃみや鼻水の原因、ヒスタミンが放出されます。

ミカンに含まれる成分

ミカンには、花粉症の症状を軽減する成分が含まれています。それがノビエチンです。

柑橘類に含まれるノビエチンは、シークヮーサーポンカンがダントツに多く、次いでイヨカンバレンシアオレンジに多く含まれています。効用としては、発ガン抑制ガンの転移抑制、骨粗鬆症の予防、紫外線からの皮膚の保護作用などがあります。

このノビエチン、細胞が花粉から受ける刺激をブロックし、ヒスタミンの放出を制御する効果もありますが、圧倒的に皮に多く含まれ、温州ミカンはほぼ実にはないので、皮ごと摂取しなければ効果はありません。

ヨーグルトからの成分にも

さて、この効果、牛乳や羊乳に含まれる主要なたんぱく質であるβラクトグロブリンにもあるとのこと。乳酸菌にも、花粉症を軽減する作用があるので、ヨーグルトが効果的なのは分かりますね。アレルギー症状を抑える体質改善に、乳酸菌が効果的なのだそうです。

この体質改善のために、花粉の時期にだけヨーグルトを食べるのは、あまり効果はありません。習慣にしなければ、体質改善にはなりにくいので、普段から意識して摂るようにすればよいですね。

花粉症のための対策

ミカンとヨーグルト、それぞれに花粉症の症状を抑えてくれますが、一緒に摂ると更なる効果があることが調べられています。

これは、ミカンの名産地、愛媛県にある、愛媛大学農学部の教授によって学会で発表されたものです。みかんを皮ごと摂るために、丸ごとのみかんとヨーグルトで作ったスムージーも考案。東京・渋谷区のカフェでは、ミカンの皮を使った「花粉症対策スイーツ」のメニューが登場しました。

ミカンの皮入りヨーグルトのスムージーは、家庭でも簡単に作れます。バナナ一本、ヨーグルト200g、ヘタを取ったミカン丸ごとをミキサーに入れ、撹拌して出来上がり!ミカンは無農薬のものか、良く洗ってきれいにしたものを利用するといいですね。

最後に

今や現代病となっている、花粉症。薬を使わないと辛くて仕方ない方も多いと思います。ミカンとヨーグルトの効用で、花粉症を撃退!事前に対策として毎日の生活に取り入れてみたいですね。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加