おせち料理で元旦をお祝いしよう

スポンサーリンク

お正月まであと少し。日本の元旦のお祝いには、おせち料理を食べるのが風習ですね。一年の始まりのお祝いとして、縁起をかついだ食べ物を重箱に詰めて、頂きます。数々の料理は、どんな由来でおせちになっているのでしょうか?

%e6%95%b0%e3%81%ae%e5%ad%90

おせち料理の由来

  • 紅白かまぼこは、日の出を象徴します。かまぼこと言っても、紅白に彩られているものと決まっていますが、紅はめでたさや慶びを、白は神聖を表しています。
  • 伊達巻は、江戸時代、長崎から江戸に伝わる「カステラかまぼこ」が由来しています。当時伊達者(シャレ者)の着物に似ていたため、伊達巻と呼ばれるように。
  • 栗きんとんは、黄金色に輝く財宝をたとえたもの。豊かな1年を願う料理です。
  • 黒豆は、まめまめしく、元気に働くことができるように願うものです。
  • 昆布巻きは、「喜ぶ」という言葉にかけており、また、健康長寿を願って食べる料理です。
  • 田作りは、小魚を田畑に肥料として撒き、五穀豊穣を願ったことから。
  • 数の子は、ニシンの卵です。二親(にしん)から、多くの子供が出ることで、子孫繁栄を願って。
  • エビは、ひげが生えて腰が曲がるまで長生きすることを願って。
  • ゴボウは、細く長く地中に根を張ることで、縁起の良い食材として用いられています。
  • なますは、大根とニンジンで紅白おめでたく。

お重に詰めるコツ

正式なおせちのお重は、4段ですが、今は3段が多くみられるようです。お重に詰めるコツは、形の崩れないものから先に、奥から手前へ詰め、味が移らないように仕切りや器を使います。厚みのないものは、重ねて高さを揃えて盛り、魚やエビなどは、頭を左に。

最近では、ぎっしりとお重に詰めずに、せとものの容器等を使って空間を開けて並べたりすることも。お料理の数は、縁起の良い奇数でお祝いしましょう。

手作りおせちに挑戦!だし巻き卵を花形にする方法

我が家では、手作りはほとんどしませんが、毎年、義母がなますと煮しめは必ず作り、私はゴボウとニンジンの鶏肉巻きを作ります。手作りをもう少し増やそうかとは思いますが、なかなかそうもいかないですね。でも今年こそは、という方に、手軽にできるおせち料理をご紹介します。

花形のだし巻き卵は、いつもとは違った要領で仕上げます。

WP_20171016_12_45_36_Pro
  • 6個を溶いて、ざるでこし、卵焼き用のフライパンに合わせてニンジンの細切りをレンジで1分加熱しておく。
WP_20171016_12_54_12_ProWP_20171016_12_54_37_Pro
  • 砂糖大さじ1、みりん小さじ2、小さじ1/4、だし小さじ3を溶いた卵液に入れる。
  • 卵焼き用のフライパンに薄く卵液を流し、火があらかた通ったらはじにニンジンを入れ、くるくる巻き込み、卵液がなくなるまで繰り返し、なるべく丸く焼く。
WP_20171016_13_07_31_Pro
  • 焼き終わったら、熱いうちにアルミホイルで包み、5~6等分を目安にはじからはじまで竹串を渡して輪ゴムで固定し、冷めるまで待つ。
  • 冷めたら、竹串と輪ゴムを外してはじから好みの厚さで切る。
WP_20171016_13_45_19_ProWP_20171016_16_44_20_Pro
  • いびつになりましたが(笑)、出来上がり。
WP_20171016_16_47_00_Pro

最後に

近頃は、様々なおせち料理がありますね。目先の変わったおせちも新鮮ですが、元旦には、きちんと日本の伝統を守ってお祝いしたいですね!


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加