キャベツの栄養でダイエット?

スポンサーリンク

キャベツダイエットって聞いたことありますか?若い頃の私はダイエットをすることが常でした。ブロッコリーやリンゴを夕食にしたり、水をたくさん飲んだり、油抜きをしたり…。TVや雑誌に出ているダイエットをよくチェックしていましたね。

キャベツダイエットは、耳にしたことはありましたが、詳しくは知りませんでした。お米の代わりに千切りキャベツを食べるイメージがあり、カレーライスもキャベツにカレーをかけて食べるとか、そんなイメージがありました。

体重計

キャベツダイエットについて

そこで、キャベツダイエットについて調べたところ、食前に1/6個のざく切りキャベツを食べるということが判明しました。これで、血糖値の上昇を緩やかにすることができるそうです。急激な血糖値の上昇は太る原因になりますから、ダイエットにおいては、食事の摂り方も大事です。

野菜から、メインのおかず、ご飯やパンといった順序で食べることにも効果があります。勿論、キャベツダイエットは、キャベツを摂るだけではありません。ローカロリーのキャベツの栄養素で体を整えながら、過食を防ぐという方法なのです。

キャベツの栄養と効用

キャベツのビタミンC淡色野菜の中ではトップです。皆さんご存知の通り、ビタミンCは美容に大変良い効果があります。ストレス対策美肌効果、体の老化を防ぐ、抗酸化作用など。ダイエット中にも積極的に取り入れたい栄養素ですね。

また、キャベツの葉には、ダイエット中のイライラを鎮め、骨を丈夫にするカルシウム、健康に欠かせないアミノ酸が豊富です。そして、注目のビタミンU。これは、胃酸の分泌を抑制し、胃の粘膜を保護する働きがあります。

キャベツダイエットにおいて、キャベツは基本的には生で摂りますが、もし生が苦手だったり、飽きてしまったなら、さっと茹でても構いません。でも、ビタミンが損なわれるので、なるべく生で摂りましょう。

キャベツの旬と特性

ところで、キャベツには、3つの旬があることをご存じでしょうか?

キャベツには品種が多く、大きく分けて春キャベツ(3~5月)、夏キャベツ(7~8月)、冬キャベツ(1~3月)と旬があります。冬キャベツは最も良く食べられているキャベツで、出荷量の多さを考えると、キャベツの一番おいしい時期というと、冬から春にかけてでしょう。

春の柔らかく、葉の巻きが緩やかなキャベツは、生で食べることがお勧めです。火を通すときには、短時間で。選ぶときには、軽く、ツヤやハリがあるものを。

夏キャベツは、長野県や群馬県などの高原で栽培され、春と冬の中間の特徴を持ちます。

冬キャベツは巻きが固く、葉と葉の隙間があまりありません。じっくりと加熱する料理に向いています。ポトフや、ロールキャベツなどの煮込み料理にお勧めです。選ぶときには、ずっしりと重いものを。

まとめ

いかかでしょうか?キャベツの栄養や特性、お分かりになりましたか?この知識を、キャベツの料理やダイエットに上手に取り入れたいですね。






スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加