キノコの栄養いっぱい!キノコ狩りはどこで

スポンサーリンク

秋の味覚の代表、キノコ。色々な種類がありますが、どれもローカロリーで食物繊維、ビタミン、ミネラルが多く含まれているので、美容やダイエットにもってこいですね。あなたはどのキノコがお好みですか?

%e3%82%b7%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%82%b1

キノコの栄養

  • シメジには、エリンギの約5倍マイタケの約14倍もの「オルニチン」が含まれる。機能性アミノ酸の一種で、脂肪燃焼効果が期待できる。
  • エリンギの食物繊維はキャベツの2倍以上、レタスの3倍以上でカリウムの含有量も多く、デトックス効果あり
  • マイタケは、ビタミンB₁、B₂、Dの含有量がキノコの中でトップ
  • エノキダケは栄養面、使い勝手が万能で、バランス良く栄養素が含まれる
  • シイタケには、「エリタデニン」というコレステロールを下げる効果があるという成分が含まれ、マッシュルームの70倍~100倍もあるという説も。
  • シイタケやキクラゲを乾燥させたものには、他のキノコと比べても、たんぱく質やカリウム、食物繊維などが多く含まれる。
ちなみに、キノコに含まれるキノコキトサンは、脂肪を排出・燃焼させる効果があり、ダイエットに効果的だそうです。このキノコキトサンは、冷凍すると増え、細胞膜が破壊されて摂取しやすくなります。味噌汁やスープにいれると成分が溶け出るので、余すところなく栄養がとれますね。

キノコレシピ

我が家のお姫様はキノコが大の苦手で、細かく切った癖のないエリンギも、嫌がります。キノコの味もさることながら、こりこりとした食感も好きではないようです。私は大のキノコ好きなので、料理にふんだんに使いたいところですが、今のところ、娘には食べてはもらえなさそうです。

旦那は、豚汁などに入っているシイタケよりも、ただ焼いて食べるシイタケを好みます。今年も庭でたくさん取れた大きな笠をしたシイタケを、トースターで焼いて、醤油で頂きました。一番素材そのものを味わうことができる食べ方ですね。

それでも、娘が唯一食べてくれるものがあります。エノキダケを使った瓶詰の「ナメタケ」で作ったハンバーグです。ナメタケの味だけで十分おいしく食べられます。

まず、豚ひき肉ナメタケパン粉を入れて混ぜ合わせ、丸めて平たくし、ゴマを両面にまぶしてフライパンでこんがりと焼き色が付くまで焼いて、出来上がり!

私は水餃子が好物なのですが、これにもエノキダケが登場します。

細かく刻んだむきエビ150gとエノキダケ1パック、豚ひき肉50g、みじん切りにした青じそ10枚を練り混ぜ、ショウガのしぼり汁と各大さじ1/2、ごま油小さじ1、片栗粉小さじ2を練り混ぜ、餃子の皮で包み、熱湯で3~4分。豆板醤と酢醤油を混ぜ合わせたたれで食べるのがおいしい。

キノコ狩りに行ったら

ところで、キノコ狩りには行ったことがありますか?

私はありませんが、行ってみたいと思っています。秋口から12月くらいの間にできるようです。

北海道愛別特産のきのこづくしのフルコースが楽しめるおすすめの宿です。

キノコ狩り体験ができます。専門のスタッフが同行しますので、安心。

娘も、自分で取ったキノコを、料理をしたり、食べようとしてくれるのではないかという淡い期待を抱いています。

最後に

年中店先に出回っていますが、秋が旬の栄養いっぱいのキノコで、様々に楽しみたいですね。






スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加