スンドゥブはどこの出身?おいしく手軽な手作りも

スポンサーリンク


スンドゥブ、お好きですか?聞いたことない方も、必見です!私のうちでは豆腐をすごく好みます。私はあんまり…なんですが、近所に豆腐屋さん…とはいっても豆腐だけではなく、油揚げ、ゆば、豆乳inのデザートまで様々な豆腐関連商品が並んでいます。




そもそもスンドゥブは、おぼろ豆腐のような柔らかい豆腐を指します。朝鮮の豆腐の一種として広く知られています。




娘も豆腐は麻婆豆腐しか好まないので、豆腐料理は姑や夫をターゲットにしています。いくら好きだからといっても毎回冷奴じゃあね。で、割と豆腐を使った料理は考えてます。




スンドゥブを知るきっかけは、人からの噂。昨日食べたんですよ、すごくおいしいですよ、と何回もいっておりました。




で、私もスンドゥブのたれが売っているのを発見して購入してしまいました。








スンドゥブの歴史




漢字表記は、「純豆腐」。朝鮮読みとして「スンドゥブ」そして、「水豆腐(スドゥブ」から、語源となっているようです。




チゲ鍋というのはご存知ですよね。スンドゥブ・チゲは、スンドゥブを使ったチゲ鍋です。アサリやシジミをはじめ、野菜、肉、卵などをスンドゥブと一緒にした鍋料理のことです。コチジャンやごま油、ニンニク、唐辛子粉で味をつけています。




大体はアサリのだしと、辛み調味料の風味でうま味を出すのですね。




家庭で作るスンドゥブ




自分で好きな具材を入れた手作りスンドゥブ。参考にしてみて下さい。今回はさっぱりと塩味でアレンジしてみました。








材料は、食べる人数やバランスを考えてお好きな具材にしてみて下さい。








最初に油とスライスしたニンニクをいれ、香りが立つまで火を通しましょう。








アサリは塩水にさらしておきます。唐辛子、しょうがのスライスと一緒に少々を入れてから炒め合わせて鍋にアサリが開くまで蓋をして待ちましょう。








アサリが開いたら、その他の具材を入れましょう。今回は、ミニトマト、ハス、えのきだけ、春菊です。








少し鶏がらスープを入れた250ccを加えて輪切りを半分にしたレンコン、お好みでカットした豆腐、最後に春菊1/2袋を入れて約小さじ2で味を整えましょう。(約3人前)




最後に




我が家ではもはや定番のスンドゥブ。アサリと季節の野菜であっという間のスンドゥブ鍋です。いつもは豆板醤や醤油やオイスターといった味付けですが、今回のさっぱり鍋もいけると思います。ぜひ、お試し下さい。





スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加