日本の銘菓ゆべしの由来とレンジで簡単!白玉粉で作れるレシピ

スポンサーリンク

柚餅子(ゆべし)というお菓子をご存知でしょうか?私の両親は東北地方の出身なのですが、仕事の出張などのついでに郷里に帰った父が、時折お土産に買ってきてくれた大好きな和菓子です。

ゆべし

ゆべしってどんなお菓子?

柚餅子と漢字で表すとおり、ゆべしは柚子を使って米粉で作られたお菓子です。くるみやごまなども入れて味噌や砂糖、醤油で味をつけ、蒸して乾燥させたものが起源となっています。

昔は蒸す前に、二本の指で押して形をつけたことからも「ゆべし」と呼ばれているとか。

ゆべしの歴史

そもそも、ゆべしは11世紀から12世紀末頃に菓子というよりも保存食や携帯食とされていて、丸柚餅子と呼ばれたものが始まりだったようです。丸柚餅子は、柚子の実をくり抜いて中に柚子皮や砂糖、米粉を入れて蒸したものです。

ゆべしが初めて文献に残されているのは、室町時代になります。その時には、言葉だけで味や形などは記されていないようですが、江戸初期の文献で、丸柚餅子の作り方が記されているようです。

各地のゆべし

全国各地でゆべしを銘菓とする地域がありますが、それぞれ形や味が少しずつ異なっており、東北地方や北関東では柚子を使っていないものが多いということです。そういえば、父が決まって買ってくるものも柚子の味はせず、あんこが薄いゆべしの生地で三角形に包まれていました。これは、福島名物のゆべしだそうです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

家伝ゆべし 16個入 2018お中元夏ギフト
価格:2528円(税込、送料無料) (2018/7/29時点)



一方、岡山県は柚子の産地であるため、江戸時代から地元の柚子を使ったゆべしが有名です。岡山県では平たい形をしたものや、紐状のものを結んであるもの、サイコロ状、棒状など様々な形をしたゆべしを特徴としています。

愛媛県では、竹の皮に包まれた棒ゆべしが有名です。

その他、ゆべしは柚子にちなんだ食べ物も指します。求肥や羊羹に柚子で香りをつけたもの徳島県や長崎県などの、ご飯やお茶づけのお供に食する柚子の伝統的な郷土料理、薬味として使われる調味料で煮た柚子の皮、が代表的です。

ゆべしを作ってみよう!

ここで、大好きなゆべしがレンジでできちゃう、白玉粉で作るゆべしの紹介です。柚子の代わりにオレンジを使ってみました。

白玉粉で作るゆべしの材料

白玉粉100g/砂糖50g/水60cc/オレンジの果汁60cc/オレンジの皮すりおろし適量/レモン汁大さじ1/みそ大さじ2/醤油少々/クルミ40g/片栗粉適量/


白玉粉で作るゆべしレシピ

ボウルに白玉粉100g、砂糖50gを入れて混ぜ合わせます。そして60cc、みそ大さじ2、醤油少々を加えて混ぜます。

WP_20180721_21_01_05_ProWP_20180721_21_04_43_Pro
レモン汁大さじ1、オレンジの果汁60ccと、オレンジの皮のすりおろし(農薬が気になるなら熱湯に30~60秒入れて)をお好みで入れ、更に混ぜ、耐熱容器に移します。耐熱容器に蓋をせずにレンジで2分ほど加熱し、細かく刻んだクルミ40gを加えヘラでよく混ぜ、ゴム状になるまでそれを繰り返します。

WP_20180723_20_57_43_ProWP_20180723_21_10_17_ProWP_20180721_21_16_47_ProWP_20180721_21_25_49_Pro
片栗粉を敷いたバットやタッパーに広げ、全体に片栗粉をまぶしましょう。冷めたら、お好きなようにカットして、出来上がり!オレンジの香りいっぱいの爽やかなゆべしです。

WP_20180721_21_31_29_ProWP_20180723_23_05_49_Pro

最後に

日本の伝統的なお菓子、ゆべし。近所のスーパーマーケットではオレンジしか手に入らなかったのですが、夏ミカンで代用すると今の季節にもぴったりかもしれません。

レンジで簡単に作れてしまいますが、ちょっと出来栄えに疑いがある方もいらっしゃるかもしれません。でも、ぜひ。絶対においしいです。もしかしたら、手作りのほうがおいしいと思ってしまうかもしれません。お試しあれ!


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加