2018年のイースターのお話

スポンサーリンク

2018年4月1日の本日はエイプリルフールではありますが、イースターです。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

イースターは、主にキリスト教を信仰する地域で行われているお祭りです。無宗教の日本ではあまり浸透していないようですが、海外ではクリスマスよりも重んじられているようです。

イースターは復活祭とも呼ばれ、キリストが処刑されてから3日目で復活したという言い伝えから祭られています。移動祝日という言い方をし、春分の日の後、初めての満月の日の次の日曜日になります。それが、今年は本日なんですね。

さて、イースターのお祭りでは、卵やウサギのモチーフで彩られますが、どういう理由なのかご存知ですか?

イースターエッグの由来

イースターに使われる卵は、イースターエッグと呼ばれ、見た目は動かない卵(死)から生命が誕生する(生)という意味合いからキリストの復活の象徴としてイースターには欠かせないものです。

卵には様々な色をほどこしますが、キリストが十字架で流した血の色、そして血は生命を表すことからが多く用いられています。これは、キリストの復活の喜びも表しています。

ちなみに、私がイギリスへ行ったとき、丁度サマータイムに切り替わる季節で、あちこちでイースターエッグが見られました。イギリスは、暗くて寒い冬が長く、人々はみな19時くらいになるまで明るいサマータイムを心待ちにしいるので、イースターも盛大なのかもしれませんね。

イースターの遊び

娘の通った英語教室では、毎年近所の公園でイースターエッグハントというゲームをしました。子供達は、公園のあちこちに隠されたイースターエッグを探します。誰が一番多くみつけることができるか、競争です!

どこにイースターエッグがあるのか、いくつ探し当てるのかも楽しいですが、何しろ、探した卵の中に小さなグミキャンディやアクセサリーなどが入っているのも子供達の楽しみです。何が入っているのか、ドキドキですね!

イースターバニーの由来

イースターバニーとは、イースターエッグを運んでくる使者として、イースターに登場します。これは、ウサギが多産なことから豊穣の象徴としてイースターのキャラクターとなっているのです。

私のイースター

今年はイースターで食べるお菓子の入れ物を作ってみました。プラスチックのカップの表面にイースターにちなんだ形のスパンコールをボンドでペタペタ。とっても簡単!中に焼き菓子やチョコレートなど、好きなものを入れてプレゼント!全て100均です。

WP_20180401_16_44_58_ProWP_20180401_16_42_50_ProWP_20180401_16_45_56_Pro

手作りでお酒をつくってみよう

大人は春爛漫にぴったりな手作りのお酒を飲みました。今回はイチゴコーヒー豆の2種類です。両方とも2週間で飲めます。とても簡単なので、ぜひ作ってみて下さい。

WP_20180401_16_38_17_Pro
果実酒は好きな果実50g、焼酎1/2カップ、氷砂糖50gです。氷砂糖と果実を入れたら、焼酎を注いで。私は冷凍イチゴで作りました。ほかにブルーベリーやラズベリーもおすすめです。氷や炭酸でお好きなように割って、飲んでください。

コーヒー酒はコーヒー豆1/2カップ、焼酎2カップ、氷砂糖150gで作ります。牛乳で割って、カルーアミルクにして。

最後に

今後クリスマスやハロウィンのように日本に浸透していくのか、楽しみなイースターのお祭り。家庭でほんの少しだけのお祝いをしてみました。ぜひお試し下さい。












スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加