うどんと蕎麦の違いは?

スポンサーリンク

私は、うどんよりも、蕎麦が好きです。どちらが好きか、周りの人に聞いてみたことがありますが、圧倒的に、蕎麦よりもうどんが好きな人が多かったのは、ただの偶然でしょうか。今日は、うどんと蕎麦の違いを調べてみました。

うどん

うどんと蕎麦の違い

蕎麦とうどんは、粉と水で作られています。蕎麦は蕎麦粉、うどんは小麦粉が原料になります。

蕎麦の栄養について

両方とも、主成分はでんぷんですが、蕎麦には、白米と同じくらいか、それ以上のタンパク質が含まれるほか、ビタミンB群必須アミノ酸のリジントリプトファンルチン食物繊維なども多く含まれます。

蕎麦粉が蕎麦の実の外側まで一緒に製粉されているため、精米された白米やうどんの主原料の小麦粉よりも、栄養価が高いのです。

旦那のボーナスが入ると、我が家では決まった蕎麦屋へ行きます。その店では、最後にそば湯を出してくれるのですが、これは、蕎麦のゆで汁ですから、蕎麦の成分、水溶性であるルチンが溶け出ています。

ファイトケミカルの一種であるルチンは、血管や血流の改善をする作用があり、悪玉コレステロールの分解作用で、肥満の予防・糖尿病の予防や改善をする働きもあります。

また、ビタミンCの作用を助け、コラーゲンの生成に一役買っていますので、美容にも効果があります。

残ったつゆに入れて、スープのように、またそのままでお茶を飲む感覚で頂いてもOKです。そば湯は、血流をよくし、冷え症の改善にもなりますので、あなどれません。出されたなら、ぜひそば湯も楽しんでください。

地域の蕎麦

ちなみに、私の父の故郷では、わんこそばが有名です。私も行ったことがあるのですが、少しずつのおそばを、お代わりしながら食べる面白い蕎麦の食べ方です。私はなんと、71杯食べました!岩手を訪れた際には、ぜひお試しください。

そして、岩手の田舎蕎麦には、有名な土川そばという蕎麦があります。コシが強く、歯切れのよいとてもおいしいお蕎麦です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

土川そば盛岡土川そば1.3kg
価格:1080円(税込、送料別) (2017/10/23時点)



うどんの特徴

一方、うどんは食物繊維が蕎麦より劣っている分、胃の中の滞在時間が短いため、他の麺類と比べても、消化が良いのが特徴です。主な栄養は炭水化物ですが、すぐに良質なエネルギー源として利用されます。

うどんレシピ

調理をする際には、栄養を補うために卵や野菜、山菜などをトッピングすることを心掛けましょう。我が家で最近皆でお気に入りなのは、野菜たっぷりの、海鮮風うどんです。(2人分)
  • キャベツのざく切り1/3個、スライスしたタマネギ1/2個、もやし1/2袋、ニンジンの短冊切り1/2個を用意する。
  • 大さじ1のごま油を鍋に熱し、しょうが1/2かけの千切りと用意しておいた野菜を炒め、豚の細切れ150gと炒める。
WP_20171102_19_39_44_ProWP_20171102_19_44_51_Pro
  • 鍋に4カップと鶏がらスープの素大さじ1、小さじ1、しょうゆ小さじ2を加え、煮立たせる。
WP_20171102_19_52_47_Pro
  • ゆでうどん2玉を入れ、カニカマ5本を割いて加え、2~3分煮て、出来上がり。
参照:ESSE

しょうがの風味に野菜や肉が相まって、カニカマを加えることでちょっとした海鮮風に仕上がります。おいしくて栄養のバランスがよく、すぐに作れて便利です。ぜひお試しを!

最後に

うどんと蕎麦、私はやっぱり蕎麦が好きです。うどんもさっぱりと食べられますが、蕎麦の栄養は見逃せません。皆さんは、どちらがお好きですか?






スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加