オクラの栄養と効用でダイエット!レシピ

スポンサーリンク

私がオクラを初めて食べたのは、お友達の家にお呼ばれしたときの夕食です。その日はビーフシチューでもてなされ、箸休めにオクラが数本、添えられていましたが、初めてみるオクラに困惑してしまいました。

ざるの上のオクラ
初めて食べたオクラは、つるつると滑るような食感と、ねばねばした歯触りに驚きましたが、意外にあっさりと食べることができました。このオクラの独特な食感、好き嫌いが分かれそうですが、実はとっても体にいいのです。

オクラの栄養

オクラの成分であるガラクタン、アラバン、ペクチンは、食物繊維です。そしてタンパク質を分解する酵素を含むムチン。オクラのぬめりはこれらでできています。

オクラは緑黄色野菜です。他の緑黄色野菜同様、βカロチンが豊富で、オクラには、レタスの3倍以上が含まれるということです。また、カリウムやカルシウムが含まれます。

オクラの効用

オクラの食物繊維は水溶性で、整腸作用に効果があります。その中でもガラクタンは、健康維持のために大切な役割を担っており、がん細胞や悪玉コレステロールの抑制、高血圧予防などの効果があります。

また、ガラクタンの糖分は、脂肪として蓄積されず、体外へ排出されるので、ダイエットにも効果的です。更に、動脈硬化、免疫力の強化、胃腸や脳細胞の活性化などの効果も。

アラバンは、ガラクタンと一緒にペクチンを構成している成分ですペクチンは、野菜や柑橘系の果物特に皮に多く含まれ血中の悪玉コレステロールを排出すると同時に、コレステロール値を下げる働きがあります。

更に、なんと放射性物質を体外から排出する効果も認められています。ですので、排出を促すためにペクチンをとる際には、水分を多めにとることも勧められています。

ムチンは、タンパク質の吸収率が高まるので、一緒に摂取すると疲労回復に効果があります。ムチンのネバネバは、粘膜の促進をするので、ウィルスや細菌の侵入を防ぎ、体内の免疫力を養います。

オクラダイエット

オクラの旬は夏。南国からの輸入もあり、一年中出回っています。日本での収穫は6月から8月くらいまでが旬ですが、旬があっても手に入れやすいオクラ。ダイエットに適した野菜なので、少し工夫して食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

オクラの成分は、血糖値を緩やかに上昇させます。糖の吸収を穏やかにすれば、太りにくい体質に改善できます。また、オクラに含まれるビタミンB1やB2代謝を促進し、脂質や糖質の蓄積を防ぎます。

オクラの食物繊維は、便秘の解消だけではなく、コレステロール値の改善にも役立っています。満腹感も得られやすいので、普段の食事の前にオクラを食べて、食事の量を抑えることで、無理のないダイエットになりますよ。

オクラの栄養は熱に弱いので、調理の時間は、できるだけ短く。効果がなくならないように注意しましょう。

オクラの下ごしらえ

今日は、オクラを使った和え物を作ってみました。とても簡単ですよ。まずは、下ごしらえです。

オクラには産毛が生えていますよね。この産毛は取らなくとも大丈夫です。ただし、新鮮なものには、チクチクとした産毛があるので、気になるようでしたら、塩をまぶし、板ずりをすることがお勧めします。



また、オクラはネットに入って売っていることが多いので、そのネットを利用すると便利です。塩を振ったオクラをネットにいれ、まな板の上でごしごしこすると取りやすいですね。

WP_20170906_15_20_07_Pro
  • よく洗ったオクラ8本を塩を適量振って板ずりし、産毛をとる。
  • 鍋で1~2分さっと塩ゆでする。
WP_20170906_15_35_50_ProWP_20170906_15_37_52_Pro
  • ミョウガ4本を千切りにし、オクラは斜め切りにする。
  • 熱湯で2~3分茹でたひじき適量をミョウガとおくらで和える。
WP_20170906_15_48_39_Pro
  • マヨネーズ大さじ1と1/2に醤油少々を混ぜ、鰹節を振りかけて出来上がり!

最後に

オクラの栄養と効用は健康やダイエットにとても効果的なんですね。ぜひ、レシピも試してみて下さい。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加