スイカは種や皮まで食べられてダイエットにも!

スポンサーリンク

暑い夏の水分補給には、スイカが一番!あの、緑色の丸い形をしたスイカを真っ二つに切ると、赤くてみずみずしい果肉が現れます。種を取り出しながらかぶりついて食べる醍醐味はスイカならでは。そんなスイカについて、詳しく調べてみました。

すいか

スイカの成分

スイカの成分は、90%以上が水分です。そして、果物の中では低カロリーで、水分だけでなく、様々な体の不調を防ぐ成分が含まれています。

スイカに含まれるビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カリウム、アルギニンは、水分によるむくみをとったり、疲労回復や利尿作用などに役立ち、夏バテを防ぎます。エネルギーに変わりやすいスイカの糖分も、疲れに効果的です。

真っ赤なスイカの果肉には、リコピン、βカロチンが多く含まれ、リコピンには、体内の細胞の酸化を防ぐ作用、βカロチンには発ガンを防ぐ作用や、皮膚や髪、粘膜などの健康を維持する作用が挙げられます。ちなみにスイカのリコピンはなんとトマトの1.5倍の含有量です。

スイカの皮や種は捨てないで!

スイカは、果肉だけではなく、皮や種にも栄養があり、利尿作用のほか、腎炎や高血圧、膀胱炎などを防ぎます。種に含まれる成分は、動脈硬化を防ぎ、解熱作用にも効果があります。

種はフライパンでプチプチと音がするまで炒って塩コショウし、中身を食べます。また、白い皮の部分は残しておいて、浅漬けやサラダ、スープ、炒め物など色々な料理に取り入れることができます。くせのない味なので、普段の料理を応用して作ってみると面白いですね!⇒https://cookpad.com/search/スイカの皮

スイカの成分でダイエット

また、スイカにはシトルリンという成分が含まれますが、血液の流れを改善し、体外に老廃物や有害物質を排出し、脂肪の燃焼を促すため、スイカはダイエットにも適しています。その他、マンノシターゼという糖質分解酵素も、ダイエットに効果のある成分です。

スイカダイエットの方法ですが、夜の置き換えダイエットとして行います。夕食を400gのスイカに換えるだけです。あとの2食は、栄養のバランスを考えたいつもの食事をとって下さい。ダイエット効果のある成分は、白い皮の部分に多く含まれますので、皮の部分も食べましょう。

スイカは季節ものなので、ひと夏のダイエットにしかならない!どうしたらいいの?という声が出てきそうですが、継続したい場合、スイカを使ったスイカ糖を作り置きしておくと便利です。

このスイカ糖を一日3回、スプーン一杯ずつなめることで、体質改善ができ、ダイエット効果にもつながります。

さて、このスイカ糖、家庭でも作れるのですが、どのように作るのでしょうか?
  • スイカの皮の白い部分は残し、緑の部分をカットしてからスイカを適当に小さく切り、ミキサーにかけます。
  • ジュース状になったスイカを更に漉して種などを取り除き、鍋に入れて煮詰めましょう。
  • 浮き上がってきたアクは、リコピンが多く含まれていますので、そのまま煮詰めます。
蜂蜜状になるまで、ゆっくりと時間をかけて煮詰めれば、保存容器に詰めて冷蔵庫で1年間は保存できます。スイカのない季節には、これで対応できますね。

スイカを使ってデザートを作ろう

我が家は皆スイカが大好きですが、私は種を取るのが面倒臭かったりします。そこで、種を取り除いた小玉すいかを使った100%スイカゼリーを作ってみました!たまには、こんな風に食べるのも楽しいのでは…。

WP_20170812_20_51_44_ProWP_20170812_21_01_44_Pro
  • まず、スイカを2つに割り、中の実をくり抜いてざるに入れ、マッシャーなどで果実をつぶしながら漉す。
WP_20170812_21_11_44_ProWP_20170812_21_14_47_Pro
  • 漉して果汁にしたものを、100ml取り出して、電子レンジで1分加熱し、粉ゼラチン25gと、砂糖25gを加えてよくかき混ぜる。(商品によっては異なる場合もあるので、表示された分量を加えて。)上手く混ざらなければ、30秒ほど加熱して更に混ぜあわせる。
  • 残りの果汁を合わせてかき混ぜ、果実をくり抜いたスイカの皮に注ぎ入れる。
WP_20170813_15_42_55_Pro
  • 冷蔵庫で固まるまで冷やす。上の写真は一晩冷やしたもの。
WP_20170813_15_45_49_Pro
  • 食べやすく切って、出来上がり!
スイカの果汁は、くり抜いたものよりも量が減ってしまうので、スイカの皮に入れると少し足りない状態になります。固めたら、上部の皮をゼリーと水平になるようにカットすると見栄えがよく出来上がります。

最後に

いかがでしょうか?スイカは、水分補給やダイエットのほか、普段の料理にも適した果物なのですね。残り少ない夏、スイカづくしの食卓はいかがでしょうか?




スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加