クリスマスのプレゼントレシピ

スポンサーリンク

クリスマスは、いつも家族でお祝いです。モミの木にオーナメントを吊るしてライトアップする作業は、いつも娘と私で相談しながらしています。天辺の星を最後に飾るのは、娘です。

「できた!」歓声をあげてはしゃぐ娘は、毎年迎えるクリスマスが一年中で一番楽しみなのです。「ママは、何の日が一番好き?」「お正月。」私がわざと知らないふりをして言うと、「私はクリスマスが一番好き!」と答えます。

その次は誕生日、という娘も、サンタを信じることはもうないけれど、ママサンタやパパサンタへのリクエストは叶うと信じているようです。クリスマスプレゼントも子供にとって、とても嬉しいものですね。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%84%e3%83%aa%e3%83%bc

クリスマスプレゼントはいつ渡す?

クリスマスはご存知イエス・キリストの降誕を祝う日です。12月24日の日没から日付が変わるまでの前夜をクリスマスイブとしています。

実際、クリスマスと呼ばれるのは、この前夜12月24日から25日の日没までの間なので、プレゼントはその間に渡すことになります。

モミの木のクリスマスツリーの下にプレゼントを置くことが、海外のクリスマスの習慣ですが、子供には、24日の夜、寝静まってから枕元に置いて、朝目覚めたらサンタさんが置いて行ってくれた、というシチュエーションが一番喜びそうです。

私の実家では、ツリーではなく、キリストが誕生したときの場面をかたどった、箱庭を飾ることが習慣でしたから、子供の頃、プレゼントはいつも枕元にありました。クリスマスは、家族に愛を込めてプレゼントをする日でもあるのです。

クリスマスプレゼントの由来

クリスマスのプレゼントの由来として残された逸話には、聖なる人、ニコラウスが登場します。

「ある時ニコラウスは、貧しさのあまり三人の娘を身売りしなければならなくなる家族の存在を知った。ニコラウスは真夜中にその家を訪れ、窓から金貨を投げ入れた。このとき暖炉には靴下が下げられていており、金貨はその靴下の中に入ったという。この金貨のおかげで家族は娘の身売りを避けられた」

wikipediaより引用

靴下にプレゼントを入れる習慣は、この逸話からなのですね。そして、ここに登場するニコラウスがサンタクロースとして、今日まで伝承されているのです。


簡単!おすすめクリスマスのレシピ

さて、クリスマスは、キリストの降誕を祝う聖なる日ですが、家で家族と静かに過ごす人が多いとのこと。おうちクリスマスは簡単おいしく!

皆が大好きなマッシュポテトは、山のように高く盛り付けて、クリスマスツリーみたいに。
  • ジャガイモ3個をレンジで火を通し、ざるに入れてゴムベラなどでこす。
  • バターを30g加えて溶かし、各1/4カップの生クリームと牛乳に塩コショウを加えて混ぜる。少し多めに作ったら、ミックスビーンを埋め込み、飾り付ける。
バゲットは、チーズと燻製オイルサーディンをのせたトーストがおすすめ!

オイルサーディンは、スモークされているのが断然おいしいですよ。

大好きなオリーブは、トマトやチーズを小さく切ってピックにさしてお決まりのおつまみに。

こんな日は味噌汁はお休みして、クラムチャウダーなどが合いそうです。
  • 2~3人分は、ジャガイニンジタマネギ各1個、ベーコン適量を小さな角切りにする。
  • 鍋で小麦粉と炒め合わせて、白ワインと水各1カップで一緒に火を通したアサリ500gを煮汁ごと入れる。
  • 牛乳1カップとコンソメを加えて野菜が柔らかくなるまで煮て、塩コショウ粉チーズで味を整え、最後にコショウを効かせる。

最後に

楽しいクリスマス、いつもとは一味違う料理で彩れば、最高のプレゼントになりますね。皆さんの良いクリスマスを願って。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加