レインボースイーツはどこで食べる?お店とレシピ

スポンサーリンク

カラフルなお菓子が今、大流行中です。斬新な色で見る人の心をぐっと掴んでしまう、レインボースイーツ。文字通り、虹色のお菓子なんですね。

派手な色彩で彩られたお菓子は、見ているだけでワクワクします。そして食べたらどんな感じかなーと、誰もが食べてみたくなってしまうでしょう。

レインボーケーキ

レインボースイーツの発祥

レインボーケーキを筆頭に、パンやクッキーなど、様々な色を使ったお菓子がネット上でも話題をさらっています。私は近頃知ったのですが、以前から海外では存在していたみたいです。

発祥は、やっぱりアメリカ。韓国のカフェでも、只今人気沸騰中!レインボーケーキが食べられる店へ足を運びたい!と、ミーハーな気持ちになるか、ちょっとばかり、そのはっきりとした着色料の色彩に気が引けてしまいそうになるか、あなたはどちらですか?


着色料の安全性

よく、安全性を謳っている食品には、合成着色料、食品添加物は含まれていません、などと注意書きがありますよね。このレインボースイーツに使われる着色料。安全性はいかなるものなのでしょうか。

着色料とは、化粧品や食品、医薬品などに色を付けるのに利用されているものです。化学合成は石油を原料としているので、安全性においては問題視されているようですが、天然着色料の安全性が高いという判断はできるものではないようです。

ただし、合成着色料は、食用において使用する場合は、食品衛生法によって許可が下りているもので、安全性が評価され、量も決められているとのことですので、何も気にせず、思い切り満喫してもよさそうです。

レインボースイーツはどこで食べれるの?

パンやケーキの他、何と虹色ラテまで、夢のようなレインボースイーツを試せるお店はどこ?幸せ一杯な気分をお約束してくれるのはこちら。

カジュアルフレンチレストランCobara-Hetta

東京都江東区青海1-3-15パレットタウンヴィーナスフォート2F ☎03-3599-2910


ROAR COFFEEHOUSE&ROASTERY

東京都中央区八丁堀2-19-11 1F  ☎03-5543-6051



レインボークッキーの作り方

楽しくて、食べたくなってしまうレインボースイーツ。レシピは、レインボークッキーの作り方です。
  • ボウルに無塩バターまたはマーガリン130gを入れ、泡だて器でクリーム状になるまで混ぜる。粉砂糖100gを入れ、更に混ぜる。
WP_20181028_12_32_10_ProWP_20181028_12_39_46_Pro
  • ふるった薄力粉220g、バニラエッセンス2~4滴、牛乳小さじ2を加えて、ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせる。
WP_20181028_12_49_53_Pro
  • ある程度混ざったら、プレーン生地と着色する色の数だけ生地を分けて色を付ける。
WP_20181028_13_08_33_ProWP_20181028_13_27_21_ProWP_20181028_14_08_34_Pro

リキッド状の着色料。1~2滴でも着色できます。混ぜて色んな色を作って!
  • それぞれこねて色を均一にしながらまとめ、細長くし、生地がマーブル状になるように棒状に形を整える。
WP_20181028_14_26_48_Pro
  • ラップに包んで、冷蔵庫に30分寝かせる。(寝かせると、生地がこちんと固くなり、扱いやすくなる。)
WP_20181028_14_28_59_Pro
  • 厚さ1cm弱にスライスし、鉄板に並べて180℃のオーブンで11~13分焼く。
WP_20181028_15_37_14_Pro
  • レインボークッキーの出来上がり!
WP_20181028_16_31_57_Pro

レインボークッキーを作って

食べてみたところ…粉砂糖の甘さが可愛らしいクッキーになりました!もしも、あと一味、というときには、洋酒や牛乳を使ったり、シナモンやブルーベリーパウダーなどの香料を加えてみたりすると、面白いかと思います。粘土細工のノリで、お子様と一緒に作ると楽しいですね!

最後に

ワクワク、ドキドキのレインボースイーツ。見ているだけで幸せな気分ですね。クッキーも作ってみたら、意外と手軽にできました。ぜひ、試してみて下さいね!


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加