トウモロコシの利用の仕方と簡単な調理方法

スポンサーリンク

夏はトウモロコシの季節ですね。トウモロコシは、米・小麦に次ぐ「世界三大穀物」と呼ばれ、穀物として世界各国で多様な利用をされています。

トウモロコシの利用の仕方と栄養

私達が普段茹でて食べているトウモロコシは、スイートコーンという品種で、コーンフレークなどの加工品にもなっていますが、他に油、酒、お茶、漢方薬としても活躍しています。

コーン油について

まずは油。食用油として使われているコーン油は、コーンスターチを作る際に分離した胚芽から作られた油です。家庭で調理をする際や、スナック菓子、マーガリンの製造などに使われています。

体内では作り出すことができないリノール酸は、このコーン油に51.2%~58.2%の含有量があります。血中のコレステロールを抑え、体の組織の成長に不可欠な成分で、必須脂肪酸と呼ばれています。

トウモロコシのお酒

そして酒。アメリカで造られる、トウモロコシ、大麦、小麦、ライ麦といった穀物を原料とした世界5大ウイスキーのバーボン・ウイスキーは、トウモロコシの含有量を51%以上と定められています。

トウモロコシのお茶

トウモロコシのお茶は、コーン茶と呼ばれ、カフェインが含まれていないので、一日の量は気にせずに飲むことができます。また、食物繊維のほか、鉄分、カリウム、ミネラルが豊富で、リノール酸やビタミンE、ビタミンB群も含まれる、栄養に優れたお茶です。
トウモロコシのひげの部分も、お茶として飲むことができます。大抵皮と一緒に捨ててしまう部分ですが、これもまた優れた効能があり、利尿作用、泌尿器の病気血糖値を安定させる効果もあります。薬膳には、このひげも料理に入っていることもあるそうです。

トウモロコシを電子レンジで

さて、このトウモロコシ、電子レンジで加熱して食べることができるのですが、ご存じでしょうか?私の義母も買ってきたトウモロコシをいつものように塩茹でしようとしていましたが、今回は遠慮してもらいました。

WP_20170719_12_41_28_Pro
  • トウモロコシは、一本を3等分にし、塩をまんべんなくこすりつける。
WP_20170719_12_45_35_Pro
  • それぞれを熱に強いラップで包み、電子レンジの皿の縁に沿うようにして並べる。
WP_20170719_12_51_33_Pro
  • 電子レンジで約3分の様子です。食べると実の部分は丁度良い固さでしたが、芯の部分の青臭さが残るので、様子を見ながら熱を加えましょう。
あっという間、塩茹でよりもはるかにお手軽です。我が家もこれからは時間短縮で最速のレンジトウモロコシにしようかな。本当に簡単ですよね!

最後に

夏が旬のトウモロコシ。この暑さを和らげてくれそうです。実を食べるのも良いですが、お茶も夏バテを防いでくれそうなので、ぜひお試しください。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加